LOG IN

不夜城3/26 転換DJから

by KOBAS

3/26は前日に続きまして、滋賀県は野洲BARI-HARIで転換DJでした。
共催と言うことで自社のイベントではないんですが、実家のような安心感でプレーさせていただいております。

オールプレイリストは↑から。

Water Garden

滋賀で結成して主に大阪で活動しているプログレ・ハード。
歌詞のテーマも滋賀や滋賀の民話などをモチーフにした独自性の高いものでした。
7~80年代がリアルタイムの皆様からは懐かしいサウンドとの声。

僕はリアルタイムではないのですが、この辺のプログレ・ハードであったり「産業ロック」的なサウンドはとても好きなので喜々として選曲しておりました(´・ω・`)

割と真面目に考古学的な検証がされてるらしいですね。
たまげたなあ(´・ω・`)

Fill It Up

うなぎの街浜松からFill It Upでした。
ヘヴィロックからの影響を感じさせる硬質なメロディと、土の匂いを放つギターサウンド、
タイトな演奏と溌剌としたパフォーマンスでギャルバンハンターを虜に。。。
瞬く間に無料音源とコンピが売り切れていました。

モダンなハードロック、という意味では実際Nickelbackあたりは近いかもしれません。
Dark new dayとかあの辺にピンと来る方は要チェックですね。

Sleepless In Pain

毎回、滋賀に来るとサラダパンで出迎えてくださるSleepless In Painの皆様。
演奏の手堅さとボーカルの激しいパフォーマンスが目と耳に訴えかけてきます。

サラダパンを持つ本日の主賓。

激しいパフォーマンスというか言葉の使い方がまんまTAKUYA∞な訳で、本当に好きなんだなあと。
それを乗り越えていくのがこれからの成長なんでしょうね。
敢えてこの曲を持ってくるのがDJのセンスと言いたいところですが、
彼女のツイートから溢れ出たUVER愛を拾っただけのことなのです(´・ω・`)

Leopardeath

もはや圧倒的なパワーとパフォーマンスでこの日もライブから打ち上げまで(?)話題をかっさらって行きました。
見ればひと目で分かるし、見なければ伝わらないこのすごさ。

そして結局見た人は皆あ然とする、という。

もはやLeopardeathといえばアポカリ、そしてパーポーさんといえばnightmare。
まあ動画がないのはご愛嬌ということで。。。
基本がデスで攻め立てるバンドだけにクリーンが味わい深い。

eleanor

この並び順がまた絶妙というか。
やっている曲のBPMからムードまでまるで対照的ながら、巌のように動じない。
正にステイ・メランコリック・メタル。

どこか幻想的でどこまでもメランコリックなeleanorの音楽は実に独特で、
毎回DJとしては選曲を試されるが故にやりがいのあるところでもあります。

矢島舞依

明らかにやるぞってパートですもんね、アレ。
作曲・編曲の三宅さんもニッコリでしょう。

Rosario Ark

何となく察していたこととは言え、寂しいものは寂しいですな。
とはいえ、おそらく10月のワンマンまで皆前向きに進んでいくことと思います。

YUE様とは3年前にお会いして以来なのですが、その時既にパフォーマンスから「陰陽座が好きではありませんか?」と聞いたのを良く覚えています。
今ではロザっ子の皆様も含め、陰陽座は我々の共通言語。

おまけ

Rosario ArkのTUOYEさんにお付き合い頂きまして、翌日は近江牛からの彦根観光でした。
大変お世話になり、ありがとうございました


KOBAS
OTHER SNAPS