LOG IN

ワイ将がLiSAについて語るとすごい

by KOBAS

唐突だが、10年ほど溜め込んでいるリスニングデータによれば、僕が最も多く聴いているヘヴィメタル系でないアーティストといえばLiSAである。
どうも2位にダブルスコアくらいつけているらしい。
ギタリストがRock-Modeのリフを弾いたらチョロくも選曲を変えてしまうくらい好きである。

どアンセムである。
デート(念のため言うとLiSAにおけるライブはこういう)に行くとみんなクッソ歌えるのでビビる。
なおギターソロはクッソ短い。

当然というのも何だが、時代のヒロインであるLiSAについてはリクエストも多い。
その対象たるやポップロック系は勿論、メロディックデスメタル、ラウドロック、メロディックスピードメタル、ヘヴィロック、
男女問わず幅広くあるが、多いのはやはり知り染めたであろう初期のシングルタイアップ曲だ。

ワイが最初に好きになったのは永遠なのであるが。
曲提供者(岸田教団の岸田さん)が好きだからね、しょうがないね。
何年か前にichigoさんがカバーしているのを聴いた時は感慨深かった。
(ちなみに二人はとても仲が良い)

ちなみにもう一曲ある提供曲もいいぞ。
このように、LiSAに関しては全音源を網羅して損のない(ハズレがないとまでは言わない)稀なアーティストである。

盟友であるReanne様(key,Remixx Pain)に至ってはシングル曲のカップリングを年間ベストに推すほどである。
ワイに至っては聴く前にクレジットを見ただけで震え上がり、聴き終えた瞬間速攻Reanne様へ注進したのは言うまでもない。

そんなワイの選ぶベストLiSAは最近、感覚ピエロの手によって更新された。
最高のメロディとグルーヴ、彼女が時に見せる独特の艶めかしさが生きた名曲である。
好きすぎて感覚ピエロも聴くようになったレベルである。
このように、LiSAについては気に入ったら提供バンドをチェックして無限に音楽の幅を広げうる点も魅力的である。

ちなみに歌詞は大体本人である。
また、
「エロいと思う君がエロいんだぞ」
という至言中の至言の主でもある。

アニソン系のシンガーとして注目されるまではバンドのボーカルだったのも有名な話で、
「その頃対バンしていた好きなバンド(Uplift Spice,今のThe Musmusの前進)にクッソ売れてから曲を提供してもらう」
というぐうの音も出ないエピソードを残しているバンドマンの鑑でもある。

ものすごくぶっちゃけた話になるが、
DJとして流していると言って一番態度が悪かったアニソン系のアーティストが彼女である。
が、その後の雑談の受け答えと切り返しが過去最強レベルであり、
そりゃ売れるわと舌を巻いたものである。
(余談だが、一番態度が良かったのは藍井エイルである。この二人も仲は良い)

出会った時からBLITZクラスだったが、今やアリーナクラスがバンバン完売するアーティストである。

ところでここまで言うのだから、出会ってからの間でベストトラックを探ったらさぞかしLiSAばかりなんだろうと思ったところ、
そのランキングはみみめめMIMIばかりでワイは泣きはらした。
まだ僕は彼女について、冷静に語ることは出来そうもない。

僕にとって彼女の価値は、高みにあって輝き続けながら、自分自身からは離れたところにいること-つまり、真のスターであることに尽きると思う。

デートに行かなくなって2年くらい経つが、次会う時は仕事だ、と心に決めて今日も皿を回している。
自分自身と、愛した人達の生きた証を星に刻むことが出来る可能性を持つのは、今もここにいる僕自身なのだから。

そんな訳で、次の転換DJは5/19吉祥寺クレッシェンド。
e:cho主催企画です。
そういえばLiSAかける予定今のところねえな
皆様のリクエスト、お待ちして🍆(´・ω・`)


KOBAS
OTHER SNAPS